中小企業経営者必見!資金調達の方法を押さえて企業経営に活かしましょう

公的機関の融資制度を利用するなら金利の低さだけで選ばない

金利が安いのは1つの強み

中小企業経営者の資金不足解消をサポートするのが1つのサービスである、日本政策金融公庫。低い金利でも融資をすることで地域活性化や地域に根差した活動をすることにより、地域貢献に取り組んでいます。

金利も大体1パーセントなので、民間の金融機関と比較をしても低めの設定となっています。また、実績が乏しいなどの理由で民間の金融機関で断られたケースでも、日本政策金融公庫であれば、融資を受けられる可能性はあります。ただし、会社の規模が大きく実績もあるのが1つの条件です。

その他、コンサルティング事業もサービスにあり、企業の発展についてのアドバイスは受けられます。しかし、担当者が選べないうえ、業種に合ったアドバイスが得られないかもしれません。

金利の安さだけで選ぶのは却ってマイナス?

日本政策金融公庫であれば、金利が安く企業経営のアドバイスが受けられるため、利用しやいと考える人はいるでしょう。

しかし、担当スタッフも業種によって苦手分野や深い知識がない人もいます。その人に相談しても、思うような成果が得られないので事業経営に活かしにくくなります。経営に関する相談が必要な際は、FPや経営コンサルタントのような専門家に依頼する必要があるかもしれません。

なお、日本政策金融公庫の審査に通過する可能性は5割から6割とのデータがあります。資金調達が必要な理由を明確に伝えるのも大事ですが、売り上げが出ていない所には融資は受けられません。審査に通過できるように、日々の仕事で結果を出しましょう。因みに、売り上げの2から3倍程度の融資であれば受けやすいので、参考にしてください。


TOPへ戻る