中小企業経営者必見!資金調達の方法を押さえて企業経営に活かしましょう

クラウドファンディングを利用して資金調達するのもあり

クラウドファンディングならではの強み

中小企業で斬新な事業を始めたい場合において、金融機関や公的機関なら売り上げ実績が無いと審査に通過する可能性が下がります。その分、自分が描いた事業を取り組むのが困難になります。

クラウドファンディングの場合、事業経営のプランに魅力が伝われば資金援助が受けられる可能性が高まります。自分なりの事業経営ができるうえ、思うような売り上げが出ると大きな達成感も得られるはずです。

とはいえ、魅力ある商品であることや売り上げ実績が無い場合は目標金額達成の可能性は低いです。日々の仕事で結果を出すのも必要ですが、なぜその事業を始めたいのかを多くの人へ明確に伝えるようにしましょう。その他、SNSなどでコミュニケーションが取れる人がいれば、適宜進捗状況の報告をするだけで良き理解者になってもらえるでしょう。

成功率アップを図るには?

クラウドファンディングで目標金額に達成するケースは約3割。約7割は未到達なので、ハードルが低くないことが確認できます。

クラウドファンディングはプラットホームで公開してからスタートと考える人はいるかもしれませんが、それだと成功の可能性を下げます。公開前にSNSなどのツールを用いて、プロジェクトの詳細や挑戦を事前に伝える作業をするのをオススメします。支援する人も、整理するのに時間を設けることで安心感を抱きやすくなります。また、プロジェクト公開後も適宜SNSなどで進捗状況を伝えるだけでも、大きな宣伝効果を発揮します。

残り数日間はラストスパート期となり、支援を受けやすい期間です。目標金額達成までの条件が低いと、心理的に支援者も応援しやすくなります。因みにプロジェクトまでの期間が残り5日で目標金額まで5割であれば、成功率は9割とのデータがあるので参考にしてください。


TOPへ戻る