中小企業経営者必見!資金調達の方法を押さえて企業経営に活かしましょう

資金調達方法の種類について知る所から始めましょう

審査に通過するために

中小企業経営者が事業経営をするうえで欠かせない仕事の1つが金融機関からの資金調達。担当スタッフから信頼を得られると、まとまった金額の融資が受けられて事業経営の選択肢が増えたり、発展に繋がる可能性も高まります。

金融機関は貸し倒れのリスクがある所にはサービスの提供をしません。例えば、設備投資をする場合なら必要な金額と根拠を明確に伝えるようにしましょう。計画性の高さが評価されると、融資を受けやすくなります。他には、完済までの事業推移の見込みを伝える作業も欠かせません。

また、税金や社会保険料のような必要経費の滞納があれば、審査を通過する可能性が下がります。場合によっては取引先との信頼低下にも繋がるので、各種滞納があれば清算してください。

金利が高めの所は審査が緩めだが

銀行から資金調達をする場合は厳格な審査がありますが、ノンバンクやビジネスローン専門業者であれば銀行よりも審査が甘い傾向です。少し事業経営が悪い状態であっても、事業計画のプランが明確であれば融資を受けられる可能性が高まります。なぜなら、金利が高めの設定にしているため、審査が緩い分返済時の負担が大きくなるからです。

また、ノンバンクやビジネスローン専門業者を利用する事業者は、銀行から断られたのを理由に利用するケースも少なくありません。銀行からは、審査時に高い売り上げが見込めないと判断されたのが確認できます。多めの融資を受けると返済時のリスクが高まるので、資金調達をする場合はできるだけ低めの金額から行うのがオススメです。そのうえで、先ずは可能な範囲で取り組める事業経営をしましょう。


TOPへ戻る