所持していなくてもレンタルで事足りる、モバイル通信機器のレンタル術

>

通信機器のお供に

備えあれば憂いなし

旅行や出張に行く際、家や会社では使えたWi-Fiが使えなくなるのは当然です。
また、通信速度制限が既にかかってしまっている、もしくはそろそろかかりそうな時にWiFiが使えないというのはかなり致命的であり、スマートフォンのパフォーマンスを大幅に低下させてしまいます。
旅行などのプライベートな時間であればまだ良いですが、それが仕事であれば大問題です。
そうならない為にも遠出する時はWiFiルーターのレンタルをして備えておくに越したことはありません。

通信機器そのものをレンタルするのと比べるとWiFiルーターのレンタルは極端に安いです。
長期であれば一日あたり最安値で二十円弱のものから、高くても百数十円ほどとお財布に優しいです。
こちらも同様に短期でのレンタルだと長期より高く、倍近い値段となってしまいますが元が安いので結局のところ安いと言えるでしょう。

WiFiスポットを探すのではなく作る

海外で、国内同様にスマートフォンを利用すると帰国後、請求額の高さに驚くと思います。
通常は機内モードにしておくなりして通信が出来ないよう対策をしておくのが一般的です。
勿論海外にもWiFiスポットはところによってはあるので全く使えないということはありませんが、街中で急に地図などの調べ物をしたくなった時、すぐそばにWiFiスポットがあるとは限りません。
どこでも安定した速度で通信出来るほか、海外用WiFiルーターをレンタルすることで国内同様にスマートフォンを利用出来るメリットは大きいと思います。

では海外用のWiFiルーターのレンタルはいくらぐらいかかるのでしょうか。
海外のどこで使うかによって料金にバラつきがあり、近場の韓国や台湾、ハワイでは一日あたり三百円程度なのに対し、オーストラリアは四百円程、中国はおよそ七百円と他に比べて高いです。


この記事をシェアする