所持していなくてもレンタルで事足りる、モバイル通信機器のレンタル術

>

通信機器ビジネス

意図しない作用

例えばスマートフォンやガラケーなどの通信機器をレンタルするとなった時、貴方はどのようなタイプの通信機器を想像しますか。
通信機器レンタルサービスを利用する上ではその想像は全く無意味です。
何故なら多数の機種を取り揃えており、その中から選ぶ権利が貴方にはあるからです。
代名詞とも言えるアップル社iPhoneからソニーのXperia、サムスンのgalaxy、シャープのAQUOSといった有名どころや、あまり知名度が高いとは言えない企業のスマートフォンなど豊富なラインナップ。
気になっているスマートフォンをレンタルすることで、後にそれが購入に繋がることだってあります。
一見、貸し出しを行っているだけに見えますが、レンタルをしている陰で、ある意味通信機器の売り上げ向上の後押しをしているとも言えます。

法人向けサービス

現在は、修学旅行や遠足などで教師、生徒間の連絡手段として、携帯電話をレンタルして支給する学校も増えているようです。
全員が全員携帯電話を持っている保障はありませんし、何より多数の人間に自分の番号を知られたくないという人も少なからずいます。
コストはかかってしまいますがその点を配慮するのであればレンタルは必須と言えるでしょう。

レンタルした携帯電話での通話料は、利用料金に上乗せする形で請求されることになります。
しかし、企業によっては無料通話をいくら分かつけるサービスを行っているところもあります。
必要最低限の連絡しか取らないことを考えれば十分賄いきれる金額ですのでコストを抑えたい利用者からすればこれは非常に魅力的です。
更に、GPS機能が付いているものもある為、有事の際には位置を特定することも可能です。


この記事をシェアする