中小企業向けの資金調達方法をチェック!

中小企業経営者必見!資金調達の方法を押さえて企業経営に活かしましょう

資金調達方法の種類について知る所から始めましょう

銀行や信用金庫のような金融機関から資金調達をする場合は、審査を受けなければなりません。事業の実績や今後の売り上げ見込みなどを担当スタッフに伝えて、問題なければ資金調達が受けられます。なお、上手に活用すれば資金面以外に事業経営のさまざまな場面で活かせます。

クラウドファンディングを利用して資金調達するのもあり

不特定多数の人から少額ずつ資金調達をする方法のクラウドファンディング。支援者が無理のない範囲で援助できるうえ、支持者が多いと目標金額に到達する可能性が高まります。上手に活用すれば誰もがwin‐winなサービスですが、目標金額到達には簡単ではありません。

金融機関を利用する場合に知っておくと良い情報

製造や小売りなどの中小企業経営が資金調達する場合の方法は少なくありません。銀行や信用金庫のような金融機関を利用する以外にも、他にも選択肢があります。自分に合った方法を見つけて、事業経営の成功に繋げませんか。

不特定多数の支持者を集めて資金援助を受けたい場合は、クラウドファンディングを利用すると良いでしょう。全額寄付として受け取れるリターン型や、お返しに物品やサービスを提供する購入型などいくつか選択肢があります。しかし、クラウドファンディングで目標金額に到達したケースは3割のようです。失敗する場合はプロジェクトの魅力が伝わらないのも1つの原因ですが、認知度が低かったというケースも。成功するには既存のお客さんを大事にする以外に、SNSなどでできるだけ広く認知度を広める作業も欠かせません。

日本政策金融公庫のような公的機関を利用して資金調達をするのもありです。貸し付け利率も約1パーセントなので、返済の負担が少ないのも特徴です。その他、中小企業事業もメニューの1つにあり、融資以外に経営に役立つアドバイスを受けられるサービスがあります。ただし、売り上げが良好な場合に繰り上げ返済を希望しても、対応できないため、事業が軌道に乗った時でも返済も含めた事業計画を進めなければいけません。また、実際に融資を受けるまでの期間が1か月以上のケースも少なくありません。近年では感染症ウイルスの影響を受けて事業者で資金調達が必要なケースもあり、立て込んでいる場合は審査に数か月要するかもしれません。

公的機関の融資制度を利用するなら金利の低さだけで選ばない

日本政策金融公庫のような公的機関を利用して資金調達を図るのも1つの方法です。銀行と比較しても金利が低めなので、返済への負担が少ないのもポイントです。他にも、経営に関するアドバイスが受けられるサービスもあります。しかし、金利が低いだけで利用するのは、却ってマイナスとなりかねません。

TOPへ戻る